ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精神病患者の心の硬さ

とある人と会話して、私が話したことです。意外と良い例えなのでご紹介。

最初はわかりやすい例えだけど、論点の弱点を補うと難しい話題になります。ご注意を。途中から読むのを止めることもできますから。

精神病患者って、強い人と弱い人いると思う。
①金属のように硬い心を持ってたのに、色々あってすり減ってしまう人
②指の皮みたいに柔らかいけど、すり減るたびに皮が厚くなる人。職業病でゴツゴツ、神経の鈍い皮を持つ人。

中間の精神病でない人を例えると、なんと、比例率が下がります。

精神病予備軍をプラスチックと例えます。
プラスチックは、プラモデルで使われるもので、ヤスリには使いません。なので、ヤスリで角の でっぱり を削られることはあれど(丸くなった)削ることはないのです。
しかし、例外はあります。無神経な人や上司によって うつ病などにされる。これをこの話題でのみ”破壊”と呼びましょう。
破壊されたら、治らないのか?
否。治ります。プラスチックですから、溶かせば良いのです。
①の鉄も溶解しますね。
②は、破壊はされますが、細胞なので自己治癒力があり、再生します。

病気として、不治の病はあるのかもしれません。
しかし、それは溶解後の再構築。すなわち、”型”が無いだけで、新薬と言う名の型ができるのではないでしょうか?

皆さん、そして私w希望を捨てず、「共に今を生きよう」o(^-^)oo(^-^)o
スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 07:03:50|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<翼4 | ホーム | キャベツとカリカリベーコン>>

コメント

無題さん

かえって悩ませちゃったかな?
  1. 2009/04/28(火) 10:39:09 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/28(火) 09:28:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/157-2726121e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。