ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翼7

 由美は公立小学校だが、家が近かったこと、親同士の仲が良かったことがきっかけで物心ついていたときから遊んでいた。
 二人が中学生になってからはさすがに公園には行かなくなったが、それでも由美はたまに秀樹の家に遊びに行っていた。
 由美と会わなくなったのはいつからだっただろうか。それだけがまるで記憶をくりぬいたように思い出せない。「ずっとここで待ってるから」
 由美の声が聞こえたような気がした。
「社長、どうなさいましたか」
 岩田は差し出した格好のまま、秀樹が受け取るのを待っていた。そんな機械のように無駄のない動きは秀樹とそっくりで、神経質で時間にうるさい秘書は論理的で無感情な社長と相性がよかった。
 秀樹は相性だけでなく秘書としても優秀な岩田に一緒に来ないかと聞いたが、家族がいるから出来るだけ国内にいたいと断った。
「いや、なんでもない。そういえば、今回はずいぶんと色々と気にかけるんだな」
 岩田は、軽く目を見開き、悲しげな顔をしたが、すぐに真顔に戻り当然のように言った。
「はい、社長が向こうに行ったら私も別のところに行きたいので」
 秀樹は軽く唇をゆがめた。つまり、うまくまとまれば先方からいい条件にするよう秘書課に話を通してもらえるのだろう。家族の為に縛られるとはなんと不自由なのだろうか。
「そうか、だがそれなら何故二つ返事をしないほうが良いと言ったんだ」
「何も断ってくれとは申しておりません」
 つまり、こちらにとっても断りきれないと踏んでいるのだろう。だが、多少焦らさないとこちらの立場が弱くなる。計算高さは相変わらずだ。
「君がもっと早く秘書になってくれていれば、景気なんかに左右されなかったのにな」
スポンサーサイト
  1. 2009/05/01(金) 00:15:00|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<中華風竜田揚げ | ホーム | 昨日は夕食会>>

コメント

★KEEP BLUE★さんこんばんは!

>仕事の合間…仕事します(^^)
お忙しい中、訪問ありがとうございます♪

>またゆっくり遊びに来ますね。
>ブログ応援してます。
励みになります! ぜひ遊びに来てください!
  1. 2009/05/09(土) 23:53:36 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

お邪魔しました。

こんにちは。
仕事の合間に覗かせていただきました。
早く仕事しないと娘が邪魔しに来るので仕事します(^^)
またゆっくり遊びに来ますね。
ブログ応援してます。

それでは。また失礼します。
  1. 2009/05/09(土) 23:41:31 |
  2. URL |
  3. ★KEEP BLUE★ #-
  4. [ 編集 ]

さやうまさん

ふっふっふ……わざとですよ~♪
  1. 2009/05/01(金) 11:28:20 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/01(金) 09:54:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/01(金) 09:50:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

最後のセリフ

最後のセリフがきになるー!!!
  1. 2009/05/01(金) 09:46:58 |
  2. URL |
  3. さやうま #qZjO.u1.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/168-8e43ac19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。