ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翼11

「社長、あらためてご栄転おめでとうございます。今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます」
 そう言って岩田は最敬礼をし、送迎車が見えなくなるまでそのままの姿勢で見送った。
 秀樹は移動中この不安定な精神状態を解決させねばならないと思った。それは過去との決別。あの置物を破棄することはもちろん、かなうなら持ち主に返すなりしなければならない。過去の亡霊に取り付かれたような不快感は新任地で一点の蔭りが生じる。
 あれが由美と公園のブランコに関係していることは明白だ。何かわかるかもしれないし、何より今日公園にいた女が何か関係しているかもしれなかった。今までならばかばかしいと思っただろう。だが手がかりがほとんどなく忙しい今、常識的に探すのは困難だ。もし探すとしたら今日しかない。帰りがけにあの公園で止めるように運転手に言った。
 秀樹は流れる景色を見ながら、幼い頃の由美との思い出をはき捨てるように思い出した。決して声に出してはならない。それは己の心の内を明かし、最悪弱点をさらけ出すことになりかねないからだ。
 もしかしたら淡い恋心なのではないか。女は風のように新しい恋を見つければ忘れ、流れていくが男は記憶を地層のように蓄積すると聞いたことがある。もしそうであるなら問題だ。せめて何事もなくことが運ぶことを祈るしかない。
 そうこうしているうちに問題の公園が見えてきた。
 居た。行きにこの道を通って確認した時と同じように、まるでまったく動かなかったかのように女はそのままの姿でそこに座っていた。
 車を出、運転手にそこで待つように言って女の下に歩みだす。昔と同じように。
 女は手元から秀樹に目を移し、秀樹はその手元にある物を見た。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/05(火) 07:53:57|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Wii | ホーム | お昼はたこ焼き>>

コメント

さやうまさん、おはようございます♪

>うー。前の記事のたこやきがおいしそうだー…つくるなんて。
そうでしょう?w

>今日の翼…楽しみ♪
お! 鋭い!w

>そちらの天気は…すごせますように☆
こっちも曇り……
ありがとうございます♪
  1. 2009/05/05(火) 11:29:31 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

おはよう

うー。前の記事のたこやきがおいしそうだー。
すごいね。
自分たちでつくるなんて。
今日の翼のキーワードはブランコかな?
どうつながっていくのかな。
楽しみ♪
そちらの天気はどうですか?
こちらは、曇ってます。へたすりゃ雨。
雨はイヤだ。足がうずく。
お互いよい日をすごせますように☆
  1. 2009/05/05(火) 08:58:27 |
  2. URL |
  3. さやうま #qZjO.u1.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/180-74a558e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。