ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家族には話してません(長文

等が決めた尺の中でしか生きられないわけで。
今まで人格安定を目標にして達成できたら、そもそも人生を自力で歩む権利を奪われていたことに、今更ながら気がついて絶望してます。
ここでボケても良いのですが、気分が乗らない辺り重傷です。

じゃあ保護管轄(かんかつ)から抜ければ良いのですが、自由にさせてもらうには自分で稼いで生活せねばなりません。
しかし。
就職活動も監視されております。
私ももう転ぶわけにはいかないし、ある程度は身を任せた方が楽なんだけど。
問題なのは世界経済的になりたい仕事に就けない以上、開き直ってハイハイ言って何かあっても泣き寝入りするしかないのかな? と。
ねぇ、これって生きてるウチに入るの?

そう、それで思い出した。敬愛する作家、浅田次郎さんの短編小説”琉璃想(リウリイシアン)”で主人公が小さな頃、第二次世界大戦の中国撤退の時の話。
著作物だからセリフ書き換え。
「お父さん、僕はどうしたら良いの?」
「お前は男なんだから、自分で考えろ」
「でも、僕は子供だからわからないよ」
「漢(男)は迷ってはならない。どうすればいいかわからないなどとは、口がさけても言うな。お父さんは死ぬ方を選ぶ。お前はどうする」
「僕はまだ子供だよ。どうしたら良いかわからない」
「子供だが、お前は漢だ。漢はいつだって自分の道は自分で決めねばならない。お前が子供と言うなら、お父さんとしてお前を殺す。どうだ、龍一。お前は子供なのか、それとも漢なのか? 生か死か!?」
「はっきりしろ。お前は子供か、それとも漢なのか!?」
「漢だ!僕は一人の漢だ!」
「よくぞ言った。達者で暮らせ」

私の父は、家を飛び出して、静岡東部から大阪界隈まで自立の旅に無断で行って、料理屋に就職して故郷に戻りました。
バカな父が好きで、私も飛び出したいけど、恋人がいると駆け落ちでもなければ今まで積み重ねていったものが崩れるのです。
だから、一度ホームレス生活してやるべき事と人生のけじめをつけたかった。
しかし。
父は反対して。鉄砲弾みたいな父が私にまで鉄砲弾になるなというなら、むしろやってやりたいくらいですが、携帯使えないと恋人と完全に離れてしまう遠恋中だから、踏みとどまっております。
私は悩んでるのではなく、役割を。仕事をしてるのです。
親戚を言い負かせるかどうかは試してません。宙ぶらりんで突き放されたら、目も当てられない。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/12(火) 00:06:46|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<家族には話してません(長文 | ホーム | ちょっとこれから暗めのブログになるかも>>

コメント

さやうまさん、毎度!

>事情…所にいるんだ。
みたいです。他の場合がわからないのですが。。。

>そして、いっぱい考えているんだね。
知恵熱出るほどにw

>今まで…消えるかわからないけど。
寝て待つわけにもいかず、とりあえず最悪な事態からは抜けねば

>難しいね…よくなる事を祈ってます…
ありがとうございます♪
  1. 2009/05/12(火) 10:33:14 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

そっか…

事情と、環境がずいぶん複雑すぎる所にいるんだ。
そして、いっぱい考えているんだね。
今まで心のお休みにはなってなかったんじゃないかなあ。と。あまり考えると、また具合悪くなるのでは、と心配です…
さっきも思ったけど、発作起きるのは、まだ体はダメだよって言ってるんじゃないかと。それはいつになったら消えるかわからないけど。
とにかく難しいね。
早く状況がよくなる事を祈ってます…
  1. 2009/05/12(火) 09:43:15 |
  2. URL |
  3. さやうま #qZjO.u1.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/198-81d81f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。