ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恋人との会話

アレンジ気味です

A(たけ)どうせ後悔するなら……人のせいにはするべきじゃない……。

B(恋人)失敗してもよいから、いつか成功すればよい。

A成功もまた、失敗。たくさんの成功も、”もっと成功するはずだったのに”それが人の業(ごう)

A自分の望む未来を、歩むことはできない。失敗しないと成功者になれない。が、故に成功者は失敗談は尽きないということだ。
人は、後ろを向く。前を歩むのは、後ろを見たくないほどの恐怖から逃げるか、後ろの存在に一押しされているから。
人は、決して自己に満足したまま死にゆくことはできない。

A「私の気持ちなんて、誰にもわからないよ。私はいつも一人だった。助けを求めても、誰もその声を聞こうとはしてくれなかった! 私の声を聞いてくれたのは、Bだけだった……」
スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金) 06:28:54|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ポール・ポッツ | ホーム | 高校時代>>

コメント

さやうま さん、ありがとう

>話…大事だと思います。
本当は私自身が拒絶していたのかもしれない。
けど、拒絶したということは、存在を認めたくなかった。

>これからも…くださいね。
はい!
  1. 2009/06/26(金) 09:43:45 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

そっか

話きいてくれる人、その存在、大事だと思います。
これからも、大切に仲良くしてってくださいね。
  1. 2009/06/26(金) 09:37:44 |
  2. URL |
  3. さやうま #qZjO.u1.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/314-558cef01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。