ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネタバレ ゼ〇サーガ シナリオ20日プレイ分

ウ・ドゥ(人間にとって、異質なる上位領域の者)の問い
《(心の、身体の)痛みが、自己を認識する為の手段なのか? 君たち(人間)は自分を、他人を、どんなに傷つけても癒やされなどしないのに、何故、痛みを求める?
君(主人公)の心は、絶望の源で何を見ようとしている? 本当の君は、どこに居る?》
ウ・ドゥは人が心の全てをさらけ出したくないという希望に疑問を持ち、拒絶的な意志、ネガティブインフォメーションを観測する。
そして、エピソードⅠで戦闘用アンドロイドkos-mosは「シオン(主人公)……痛みは私を……満たしてくれますか……?」と言った。

ここから、私の意見。
生きてるものは……というより、高度な思考を持つ生き物は、心の痛みが自分を満たしてくれることを知ってる。。。痛いことを知ってるから、痛くない時幸せに感じる人がいる。私も……あなたも、ね? 痛みを知りたいでしょう? 泣きたいでしょう? 叫びたいでしょう?
痛みから、解放されたいでしょう? 幸せになりたいでしょう?
みんな、みんな同じ。同じだけど、違う。いや、違いたい。そう思わないですか?
スポンサーサイト
  1. 2009/07/01(水) 08:27:52|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧ケータイ、撃沈寸前 | ホーム | 人間交差点”上”を読んで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/330-54d031fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。