ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薬調整

さっき精神病院で暴れてる車椅子に座ったおじい様がいました。
私も破壊衝動からの入院だったので、なんとなく気持ちが分かりました。
ホントはおとなしくしてたいけど、苦しい。その思いが殴るということにつながる。
そういう意味では、一生に一度も人を殴ったことない私はすごいなぁ(自画自賛w
あれじゃ鎮静剤打ちづらい……どうするんだろ?
看護士さん女性なのに頭をボコボコに殴られてました。
「痛い! 痛い!」と看護士さんは言ってましたが、私は患者なので しゃしゃり出ることもできず。

今日は薬調整の日だったので、相談時間が必要です。
で、とにかく昼眠いけど、夜眠れないと うったえる。
すると、看護士さんが主治医のカルテを一人分回収に。
医師(゜〇゜;ノ)ノ「何、何? どうしたの?」
看護士m(_ _)m「今暴れてる患者さんは、院長先生が診ると」
(°□°;)「いいよ、いいよ。俺の患者だから、俺診るよ」
私の心の中(ノ△T)「嗚呼……タイミング悪い……ごめんね、おじい様。すぐ終わらせるからね」
いわば私は邪魔者。医師も表情に出さないけど、ホントはさっさと終わらせなければならないと思ってるのか、私と医師はサクサクと話を進める。
(・o・)ノ「とりあえず、この間増やした薬はやめて、寝る前の薬増やそう。ただ、起きづらいかも。胃の方は大丈夫?」
(^∀^)ノ「大丈夫です」
(`∇´ゞ「なら、調整しとく」
(=゜-゜)(=。_。)「ハイ、それでお願いします(この前いらない薬どんどん減らそうって言ったのに……その件はいずこ……っていうか、なんで「死にたい」って思うのか、哲学的見解聞きたかったけど……)」

心の中でどんな薬の状況になるか考える。

結果。
1つ増やした薬1つ無くなった。
胃の粘膜効果の薬無くなった。
寝る前の薬1つ増えた。けど、1種類減った。エチセダンは必要ないの!?
頓服もらえなかった。足りるかな?
(>_<)胃の薬は減らさないで~←言えなかった。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/10(火) 15:51:04|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拍手20回目プレゼント | ホーム | ビューティーコロシアム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/42-8d47ab7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。