ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画なごり雪

いきなり伊勢正三さん本人が弾き語りをして、びっくりした!
伊勢正三さんは大分県津久見市出身。なごり雪の舞台は大分県臼杵市。微妙に違います。
同氏の歌”22歳の別れ”も挿入歌に。

でも、さすがに歌を映画にするのはしんどそうw
まさに50歳の為に作られた映画。同氏の昔からのファンで観たり、人生折り返し……あぁ、私はこんな歳なんだなぁ……という哀愁。
そんな映画。
なぜなら、昔の景色を舞台に、昔のカメラで録画し、そしてセリフの発音や演技も棒読みの昔そのままだから……だそうです。
私の親の世代なんですよw

あと、リアリティに欠ける。しかし、監督はわざとだと言ってます。
私はウソの小説が書けないので、ウソの映画が制作のためにどれだけ苦労するかわかります。
さじ加減が難しいところです。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/11(水) 12:54:04|
  2. 皆様で考えるページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイムカプセル | ホーム | 山下清さんの一言から思い出が……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/45-b35e5893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。