ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

父も心を病み始めた。

今、0時38分です。眠れない理由があります。
父が、病んでる。本人曰わく(あえて、のたまわく、と。……おっしゃるにはと言わせてください。)落ち込んでるのに。テンション高いって。なんの病気かわからないから、教えてもらいにカウンセリング行こうかと思ってる、と。

私は軽症なら、薬局のハーブの安定剤飲んでダメなら精神病院。カウンセリングは高い! って言いました。

カウンセリングは価値がわかりません。
6000円を60分で取るって……。
多分私は自分のことわかってるから。カウンセラーは頷くだけだった。情報伝えるのに数時間。戦意消失。
自分をわからないのは、指摘されるとキレると知ってて、カンシャク持ちだから怖かったんだ。きっと。

これを知ったのは水曜日、12日の19時頃。生涯忘れないようにしたいです。
訂正。忘れてたまるか。

結婚前に母が統合失調症で入院。結婚後即再入院。出産後再入院。
私が小学二年生で幻覚を見始める。年々酷くなり、大騒ぎ。学校では普通だから一般人として高校に在学中の心理テストも模範的解答のハズが、校長室でカウンセリング受けろと。断ったけど。

自動車学校では安全運転で大事故と。壊れてることを認めなかった私を恥ます。

父には、そうならないように順調に回復して欲しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/13(木) 01:28:38|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<信じらんない | ホーム | また逢う日まで1章4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/450-b3fb0bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。