ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そうやって貴方は笑うのね……

バカ父のことです。
バカです。あの人はバカです。
精神病になりそうなのに、相談相手の親友の一人も居ないのです。モヤモヤのぶつけ所が無くて、どうやって正常でいられますか。バカですか。
まして、浪費癖の妻を養ってます。そこまでは譲歩しましょう。しかし、医師に「文句言ったら病気が酷くなる」って、言われました。
そんな家族でどうするんだって父子でこっそり海を見て言ったら、「でも、幸せだよ」って子供みたいに笑って。
私は目をそらして苦虫を噛み潰したみたいな顔して……バカですか、私は。大バカですか。。。今受け止めなくて、いつ受け止めるのさ。
もう涙で画面が見えない……。
どう受け止めるか……。
本を読みあさっても、そんな簡単な方程式無いですよ。灯台下暗しですよ。答えはわかってるよ。
わたしゃバカですよ。。。”それ”を実行できないんだから。
海に半袖でいたから、パンダみたいです。
でも、親子の思い出の証。
普段は日焼け対策してますが、帰省に化粧品持っていかなかったから。お化粧、止めます。お金無いから。

だからこれからは、日焼けした思い出を毎年思い出すの。あの堤防に座って色やマンガの好みを聞いた。特徴わからないままだけど、私はバカですから、未来永劫バカな父が好きです。自分はどうかな? 嫌いだな。

抱きつきたいです。父に。人肌恋しさもあるけど、泣いて詫びたい。
でも、叶わない。父は間もなく鬱病になるかも。さよなら。色んなもの。すべて無くなって一人生き残るタイプとは正反対です。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/14(金) 00:12:30|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<また逢う日まで1章5 | ホーム | 飯島愛さん自死した?>>

コメント

さやうま さん

>受け止め…と思うんだ。
そうですね……。

>「話をきく」
はい……。

>親は…思うんですけど
人の心は矛盾するもの。
深刻な話はして欲しい。という気持ちも、最初から尻尾をだすな。とも思う。

>病気が違っても…動くよりは…
そうですね……。
動かない。

>こそこそ…と思いますが
母に対しても私の施設の話は秘密なんです。私の病気の理由も加害者なのに忘れてます。何もかも、母には隠してるのです。

>色々…久々コメントになった
いえ、いつでも好きな時コメントくださいませ。
  1. 2009/08/14(金) 14:50:53 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

うーん

私がこんなこというのもなんだけど、受け止めなきゃいけないときでも、無理な時って誰でもあると思うんだ。
うけとめるのと、「話をきく」ってまた違うことだし
今は「話をきく」だけでもいいんじゃないのかな
親はわかってるはずだし、だから、あまり深刻でもそうはみせなかったりするんじゃないかと、私は思うんですけど
どうなんでしょうか?

あと、病気が違っても、たけさんがたけさんじゃなくなるわけではないので、ボーダーじゃなくても、あまり深く考えない方がいいと思います
本人にいわないほうがいいこともあるし、そういうことに限って気になりますが、それが人間なんで、知りたいからと動くよりは…
こそこそはむかつくので「私のいる前でこそこそ話すな、そうするなら、本当のこといえ」っていうのも、ありかな、と思いますが
色々考えていたので久々コメントになったことをお許しください
  1. 2009/08/14(金) 09:58:04 |
  2. URL |
  3. さやうま #qZjO.u1.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/453-bd57b9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。