ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

また逢う日まで1章5

小早川さん……その名を噛みしめながら、家路に着いた。
翌日、学校でクラスメートに話しかけられる
「東馬さん。小早川君とはどういうご関係で?」
「は、はひ……? 中庭で声をかけられたんです。猫さんいなかったか? って。あと、街で……」
「街で出会ったの!? 何話したのよ!?」
なんだか団体さんになってきた。怖い。
「ひっ!? 名前聞いた以外、何も……」
皆、安堵する。
「そう……言っておくけど、抜け駆けは許さないわよ」
「はひ? どういうことですか?」
「とぼけないで。私達小早川智也ファンクラブを差し置いて、仲良くなるなって言ったのよ」
「まってください」
景ちゃん……
「なんですか? 藤林さん」
「東馬さんは、鈍くてオクテで、その上彼氏欲しがってるわりには男の子の情報知らないんです」
酷っ! ……泣きたい……。
「……そうでしたね」
そうなの!? そこは否定して!
「ともかく、彼と仲良くなりたいなら、会費無料の小早川ファンクラブに入りなさい。悪い扱いはしないわよ」
「は、はひ……わかりました」
すると、今までの険しい顔から一変、柔らかい表情になった
「よろしい。では、また」
災害は去った。景ちゃんが優しく近づいてくれる
「大丈夫? ごめんなさい。ファンクラブのことくらい言っておけば良かったわ」
「いいの……ありがと。やっぱり私は恋愛に向いてないね……」
「え?」
景ちゃんは目を丸くする。あれ? 何言ってるんだろう……?
「なんでもない……」
今日は大変な一日だった
スポンサーサイト
  1. 2009/08/14(金) 00:19:15|
  2. 皆様で考えるページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ハーブ鶏肉焼き | ホーム | そうやって貴方は笑うのね……>>

コメント

まー さん、今回は

ベタ恋小説なのです!
先読みは必ず当たる! くらいベター。

>東馬と小早川っていうのがくっついたらもっと面白くなりそう
どんなくっつき方するかは、未来のお楽しみかも?

>ファンクラブ…展開ですね
そう! ファンクラブの現実なんて問題ではない。少女マンガの現実を!
モテる彼をゲットしたキッカケは? 乙女はキュンキュン♪
男子はぉぃぉぃ……だけど、つい読みたくなる……と良いなぁw
  1. 2009/08/14(金) 20:37:00 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

>東馬さん。小早川君とはどういうご関係で
東馬と小早川っていうのがくっついたらもっと面白くなりそう

そうなることを祈ってます

でもパターン的に少しありがちかもよ
ファンクラブあるってところはありがちな展開ですね
なんにしろ楽しみ
  1. 2009/08/14(金) 20:04:43 |
  2. URL |
  3. まー #-
  4. [ 編集 ]

みなさん

怪しいのでなにもしない方が良いですよ!
  1. 2009/08/14(金) 15:26:38 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/454-09a9f21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。