ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魂が震えた。

ある住職さんが、娘に自死(自殺)された。と語った番組を観ました。
理由は、躁鬱でした。
私は軽く鬱に入っても、根性で立ち上がるので、鬱病ではありません。主治医に抑鬱かも。と言われたことはありますが。
手元に何もなければ、私もどうしたら良いかわかりませんが、歌を聴いて、無理やり歌うと治ります←スパルタ?

さて、その住職さんは同朋大学教授です。

娘の死に仏様への問いかけが始まる。
そして気づいた。”まづ有縁(うえん)を度(ど)すべきなり”から、全ての人々が救われてゆくのを仏は願ってる。けども、”私が(布教する者も仏も)”幸せでなくて、どうして周りの”人々”を幸せに出来ようか? 救えるか? と。”私”が救われなければならない。
まず人を救ってから、私。と、宗教では思われるけども、まず私が救われなければ、隣の人(妻や子、たよる、信仰する人々)を救えない。
救うとは、上に上がることではなく、地に足を下ろすこと(仏地に樹(た)つ)と。

最後に、私の感想。
過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ることなかれ。
過ちて改めざる、是(こ)れを過ちと謂(い)う。
過ちはだれでも犯します。しかし、その後どうやって処理したか? それが重要です。
住職さんは、仏教を学び直し、日本うつ病学会に参加し、いずれ見解を広める目標を掲げ、既に話を聞きに来る人もいるとか。

何を言いたいのかというと、論語より……
孔子はおっしゃった。人の過ちは性格が出る。犯した過ちをどう処理したかによって、その人の人間性がわかる。と。
住職さんは真の学者だったわけですね。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/16(水) 07:22:04|
  2. 精神障害者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<リンク追加 | ホーム | 父と精神病の娘と結婚と19>>

コメント

もっちゃん さん

自死されてどうしたか? も個人的には隠しポイントだったのです。
彼は学者だった。私も学者志望だった。だからこそのこの苦しみが分かるのです。
信じた仏に裏切られたのか? いや、しかし私は教授だ。住職だ。言ってはならぬ。考えてはならぬ……しかし……。
苦しみから解放してくれたのは仏教。やはり、蛇の道は蛇ということ。
文字数200文字足らなかったのよw感想省いて、各々想いを寄せて欲しかった。私の意見など、結論で言えば”流石に学者。”それで足る。
  1. 2009/09/16(水) 21:00:59 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

言いたいことが最後の2行ですねw
沢山言ってるのにいいたいことがそれだけなのですか..
  1. 2009/09/16(水) 20:52:04 |
  2. URL |
  3. もっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

無題さん

ありがとうございます!
  1. 2009/09/16(水) 17:17:03 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/16(水) 16:16:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/560-aae5459e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。