ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンアクション・ラブストーリー3-1

狂気と芸術の交差する街
3章~エイジの戦闘と駒~第一回

はれてピストレーロの一員になったエイジ。暗号化されたプライベートチャットを覗く趣味を持つだけの人間がこの結末……絵だけは描いてきたのに……と落胆。
アレッシオはエイジに武芸の有無を聞く。
「ところでエイジ、サムライだろ? 剣術や柔術はできるか?」
「……すみません、できません。サムライでもありません。とっくに滅びました」
エイジは、ちょっと怒り気味に答えた。
「仕方ないなナイフコンバットと拳銃を護身術にしろ。それともオマモリがいいか?」
キアーラは大笑いする。
「ヒャハハッ! そりゃあいい。オマモリにしろ」
「殺す気か!」
事務所でエイジはナイフのクリスリーブ・プロジェクト?を渡された。グリップは中空で、柄のキャップを外せば、サバイバルツールの収納もできる。
銃はグロッグ19。全米の警察で五十パーセント以上のシェアを誇った。トリガーに指を触れただけで解除されるセイフティと、落下などの衝撃による暴発を防ぐ機構を組み込んでいる。つまり、エイジのような安全装置を外し忘れるシロウトでも扱える。装弾数は十五+一発。形は銃身とグリップを詰めたコンパクトモデルを渡される。
「hey、これならお誂(あつら)え向きだろ」
アルフレードのオススメだ。
扱うサブマシンガンはVZ61スコーピオン。威力としては心許ないが、コンパクトなサイズとコントロールの容易さが長所だ。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/22(木) 09:00:26|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<テンプレート変えました | ホーム | ストール買いました>>

コメント

白胡S

>スコーピオン…Phantomにも出てたなぁ
最初にちょろっと言いましたが、ファントムの武器全て出しました! もちろん性能も活用してね(ニヤリ
なぜか!? 宣伝ですw最後に良いと思ったらプレイしてみて下さい。魂くらいは入ってるかとw

>エイジ…別のアニメが過ぎる
外国人が発音し易い言葉を選びました

>自分だったら、オマモリ(ry
えぇ!?w
  1. 2009/10/22(木) 19:04:50 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集 ]

スコーピオンかぁ・・・
Phantomにも出てたなぁ・・・
==○)д`);.・;゛;ブッ
エイジという言葉を見ると・・・
別のアニメが過ぎるという意味不明な(ry
==○)д`);.・;゛;ブッ
自分だったら、オマモリ(ry
==○)д`);.・;゛;ブッ
  1. 2009/10/22(木) 18:51:38 |
  2. URL |
  3. 白胡 #YhxRTNrk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/661-d3cc1c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。