ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンアクション・ラブストーリー7-4

狂気と芸術の交差する街
第7章 ~休息~4回目


●二日目
まずはコロッセオ。
「いや~、いいねぇ~! コロッセオ! イエィ!」
ハシャぎまくってる女一名。
「キアーラなら優勝狙えるかもね」
「馬鹿野郎、剣なんざ使えねぇんだよ」
使えたら、やってると言いたげ。エイジはどうにも苦笑するしかない。
「入場できないのがつらいよな~……無理やり入るか♪」
「ちょっ……まっ!」
キアーラは我が意を得たりと笑う。
「芸術は壊さねぇよ」
ホッとしたのもつかの間、バスは次の目的地に向かう。

真実の口広場のあるサンタ・アリア・イン・コスメディン教会。真実の口は、嘘つきは手食べられるっていう言い伝えがある。
六世紀にギリシア人のために建設された教会。ロマネスク様式……つまり、繊細な帯状装飾、念入りに装飾されたファサード(正面)をもつ端正な建築技法が美しい。このロマネスク様式は、十一世紀末から北イタリアを中心に広まったため、この技法は当時珍しかったかもしれない。
「なんであたしがこんなとこにいるの?」
キアーラは口を尖らせる。
「キアーラの片手食べてもらってみようかな、と」
「悪かったな、ウソつきで」
エイジは笑いかける。
「そんなでもないさ」
「え……?」
「噛み砕いたりはしないだろ」
「後で覚えてろ」
それだけ言って、キアーラは去った。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/12(木) 10:16:50|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天皇陛下ご在位二十年記念式典 | ホーム | 本日のメンタル日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/730-98d48be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。