ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンアクション・ラブストーリー10-5

狂気と芸術の交差する街
第10章 ~狙撃交わる刻~ 5回目


シモーネの驚愕(きょうがく)に歪む顔は、獲物と化した、いずれ死ぬ運命の敵!
二つの銃声が重なった刹那(せつな)、エイジ側の側頭部が殴られたような衝撃を食らった。風圧で倒れる。
「エイジ! 俺がついていながら!」
アルフレードは即座に生存確認をする。側頭部にかすり傷ができた。
「大丈夫。敵は?」
「oh……待ってろ」
シモーネは倒れてる。
「ok、任務完了。帰ろう」
カタキ撃ちとは虚(むな)しいものだと、アルフレードは思った。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/28(土) 09:46:04|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今さらですが……MEN'S CLUB読みました! | ホーム | ガンアクション・ラブストーリー10-4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://take10005achi3fu8.blog56.fc2.com/tb.php/781-0493f18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。