ボーダーラインと携帯小説の世界

精神病患者達と携帯小説が好きな人とアニメ類が好きだったり、料理好き用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンアクション・ラブストーリー14-1

狂気と芸術の交差する街
第14章 ~それぞれの帰路~ 1回目


「キアーラ危ない!」
エイジは、キアーラをとっさに押し倒す。
「な……エイジ!」
キアーラの周りには、鮮血が広がる。そのままにすれば、生きてはいれまい。
「なんで……あたしなんかの為に……」
「”なんか”なんて言うなよ……僕の愛したキアーラは、真っ直ぐで……素直な女性だよ…………」
「”なんか”だよ! 人を殺すしか能の無い、殺人鬼だよ!」
エイジは悲しく微笑む。かつて、キアーラが仕事で関わった人間が、こんな顔をしただろうか? 砂塵(さじん)にまみれ、油にまみれ働くサラリーマンに、「仕事は愉しい?」と聞いた時の顔。全てをあきらめ、我慢し、全力を尽くしても癒えぬ喉の乾きを押さえて笑う男の顔。
「ガイド……」
「は?」
「ガイド……してくれた。イタリア旅行の……」
キアーラは、今にも泣きそうな顔になる。遥か彼方に置き忘れた泣き顔が、頭だけだしたような”前兆”
「あ……」
エイジは、今まで言えなかったことを言う。
「キアーラ、結婚しよう」
キアーラは驚愕に揺れる。
「な!? 正気!? これから死ぬっていう時に……あっ……」
これは、現実と向き合うことを避けたキアーラは、とっさに現実と向き合うことになる。
「気にしてないよ」
エイジの笑みは消えない。ただ、明日を見る眼。痛いほどの真っ直ぐな眼。
「私なんかと一生いる気?」
「うん……ダメ……だよね……ごめん」
キアーラは、今度こそ涙を流す。久しく忘れていた涙に、泣く本人の方が驚く。
「い!」
「い?」
エイジはイタズラっぽく笑う。痛みが無いはずはないのだが。
  1. 2009/12/10(木) 14:21:23|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガンアクション・ラブストーリー13-3

狂気と芸術の交差する街
第13章 ~決戦の狭間で~3回目


そう、そこには逃げ遅れた双子がいた。
双鬼と向かい合う。
ガエターノはH&K P7M13…新型の警察用拳銃を求めるニーズに応じて開発された銃を二挺。
チェーザレはベレッタM92FS…米軍に制式採用された銃を二挺。
四の銃口の脅威をこれほどまで恐れたことを、キアーラは経験しなかった。
キアーラは、仲間の介抱の為二挺拳銃をホルスターに戻していて、銃を抜く前に双鬼に攻撃される。
しかし、キアーラは二人とはいえ息のあった敵の呼吸と姿勢の読み取って虚をついた。かろうじて銃を抜いたキアーラは続けて連射するが、二人はかろうじてよけ、対照的に肩を撃たれただけだった。しかし十分。二挺拳銃使いの片手を封じたのだから。

キアーラに向けられる二つの銃口は、見当違いの場所に着弾する。
「へっ! とんだハッタリだな」
油断は死を呼ぶ陰の餌と、キアーラとてわからないわけではなかった。
しかし、”キアーラは油断した”それがキアーラと、敵との致命的な違いだった。このことにエイジは気がついた。これがキアーラにとって唯一無二の突破口だった。
続いて、ガエターノがキアーラの急所を狙う。
チェーザレは構えたまま動かない。
キアーラはとっさに右に転がった。
すると、チェーザレはキアーラの到達予測地点に銃口を向ける。ただ、当てれば良い。二人がかりなら、ただキアーラが弾を受けるだけで雌雄を決する。
  1. 2009/12/09(水) 09:43:52|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍手600回記念小説最終回 あの唄はもう唄わないのですか

私達が付き合い始めてからは、雨が降る日は、八王子駅から歩きましたね。
ひとつの傘の中、帰り道……二人で口ずさんだ あの唄はもう唄わないのですか?
私にとっては思い出なのに……。

それにしても、酷い貧乏暮らしでしたね。
私は、思わず”庶民”というコトバを口にするところでした。
入道雲のある晴れ、給料も無いに等しいのに一度だけ、遊園地に行きました。私はハンバーガーの食べ方を知らず、戸惑ってしまいましたね……。
忘れる はず無い……ですね。遊園地デートも、この半年も。

別れる前、あなたは新曲を書き終わり、唄ってくださいましたね……。
タイトルは、”絆”シンプルだけど、とても良かったです。私達と重なりました。その歌声は、秋空に吸い込まれていきました。
また、あなたの香りがしました。。。

愛しの隼人様……もう、私はライブには行きません。一年、経ってしまったから。さよなら…… さよなら……。
  1. 2009/12/09(水) 09:34:10|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍手600回記念小説3回目 あの唄はもう唄わないのですか

これは、”雨の物語”の女性の目線です。


私ども綾小路家は、国内だけでなく、世界諸各国の一番売り上げが高い新聞をとっています。
今朝、日本の東京の地方新聞の片隅に、隼人様のリサイタルの記事がポツンと小さく出ていました……。
メイドさん達の粋な はからいでした。メイド長が掃除と称し、私の部屋に来たのです。そして、この新聞を……。

もう別れて一年、経ったのですね……。
去年もひとりでメイドさん以外、誰にも知れずに一番うしろで見てました。
あの唄をもう一度聞きたくて……。そう、私のために作ってくれたと、今も信じてるあの唄を……。

あなたと初めて出会ったのは、八王子駅前。あなたはいつも唄っていた。安いギターをいたわるように……。

それ以来、周辺のお嬢さんに聞いて、坂の途中の小さな店で時々唄ってると聞きました。そしてそこへ……。
いつか、あなたのポケットにあった、あの店のマッチ箱ひとつ……。
今でも時々とりだして、ひとつつけてはすぐに消します。
あなたの香りがしないうちに……。
  1. 2009/12/08(火) 20:08:18|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンアクション・ラブストーリー13-2

狂気と芸術の交差する街
第13章 ~決戦の狭間で~2回目


アルフレード率いる十人のスナイパーは、敵のボス、レオポルドのいる部屋の強化ガラスの一点、上から二番目の、右から二番目の窓のサンのクロスポイントを一斉に狙撃。一瞬でガラスを割り、振り向こうと体をひねり、懐(ふところ)からAMTモデル・バックアップ?を取り出す前にレオポルドの額のド真ん中をアルフレードがぶち抜いた。普段から護身用の小型拳銃を懐に入れ、生き延びられると思っていたのか? ならば、考えが甘い。

キアーラは二挺拳銃を唸らせ最前線へ。
敵No.1、双鬼を倒しに。
獲物は、H&K MK23とスミス&ウェッソンM29。MK23は去年末に手に入れた。カスタムガン並みの性能。M29はスミス&ウェッソンM29…四十四口径のマグナム・リボルバー。

敵は、すでにボスの死を知り撤退し始めたが、周りをウルティマの猛者達に囲まれた双鬼以下複数の敵は、ウルティマを叩き、無理やりこの屋敷を脱出するしかない。
「僕も行く!」
「ついてくんな!」
エイジは譲らない。
「嫌だ!」
「私の命令が、聞けないか!? エイジ!」
「でも……それでもキアーラと行きたい。キアーラのいない世の中で、行き残りたくない!」
「エイジ……来な!」
「ああ!」

エイジとキアーラに誘導され、一番隊が戦うが、仲間の発信機の数の重なり具合が異常に多い。何か、ある。
仲間の減り具合の多い場所に、キアーラと救出志願者を五人選んで向かう。が、そこにはとんでもない罠があった。
エイジと、それを守るキアーラだけが残る。
  1. 2009/12/08(火) 20:03:12|
  2. 携帯小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。